2016.12.21

企業内での公式メンタリングと若手の自己適応感との関係についての探索的研究

【概要】

分類

適応(フィット)

タイトル

企業内での公式メンタリングと若手の自己適応感との関係についての探索的研究

発表年

2016

発表者

仁田光彦

出典

人材育成学会 第14回大会

概要

企業における若手社員の定着や適応を促進させるための施策の1つとしてメンター制度があります。
本研究では、企業内での公式メンター制度を題材とし、メンタリングの有効性、メンター・メンティの性格タイプとメンタリングの関係性について探索的に研究を行っています。
分析の結果、メンタリング支援量が多いほど若手の適応感が高いこと、メンティの性格タイプによってメンティが受け取るメンタリング支援量に違いがあること、メンター・メンティの性格タイプの一致/不一致が若手の適応感に影響を与えることが検証されました。

 

> 論文・研究発表はこちら [PDF DL 736.0K]

※論文・研究発表の資料(PDF)内の、発表者の所属組織名は発表当時のものとなっております。