2021.02.12

就職プロセス調査(2022年卒)「2021年2月1日時点 内定状況」

 

就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

リリース資料(PDF)にはグラフなども掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

【2021年2月1日時点の就職活動状況】

就職内定率は例年並みの水準。21年卒に引き続き、就職活動のWeb化が進む

2月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率※1は、9.9%(+0.9ポイント)※2 と2月調査を実施している16年卒以降過去最高となりました。各活動の実施率を見ると21年卒2月1日時点と比べても、「個別企業の説明会・セミナーのうちWeb上で開催されるものに参加した」「Web上での面接を受けた」の割合が高く22年卒学生の就職活動においてWeb上での活動の比重が高まっていることが見受けられます。

 
就職内定率を文理別で見ると、文系は10.1%(+2.6ポイント)、理系は9.5%(-3.0ポイント)と文理で若干の傾向の違いが見られました。文理別で各活動の実施率を見ると、「Web上での面接を受けた」が文系で45.8%(+32.4ポイント)であったのに対し、理系は34.7% (+17.6ポイント) とWeb選考の伸び率に差が見られました。21年卒において伸びてきたWeb上での就職/採用活動ですが、22年卒においてはインターンシップ時期からWeb上での活動が見られ、学生、企業ともにWebに慣れていると考えられます。

 
21年卒ではWebの活用が広がっていない中、2020年4月の緊急事態宣言以降に対面での選考が難しくなったため、採用選考スケジュールが後ろ倒しになりました。その結果、5月以降は内定率が前年同月を下回りました。一方、22年卒ではすでにWebの活用が広がっているため、前年のように採用選考スケジュールが後ろ倒しになることは考えにくい状況です。エントリーシートの締め切りや、面接選考の時期などは前年よりも早くなることが考えられます。学生の皆さんにおいては十分に準備し、3月以降の活動に備えましょう。

 
※1 内々定を含む ※2 ( )内数値は前年同月差

 

【調査概要】

調査目的

大学生・大学院生における就職活動の実態を把握する

調査方法

インターネット調査

集計方法

大学生については、性別、専攻、所属大学の設置主体をもとに、
実際の母集団の構成比に近づけるよう、文部科学省「学校基本調査」の数値を参照し、
ウェイトバック集計を行っている

調査対象

2022年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2022』(※)にて
調査モニターを募集し、モニターに登録した学生5,761人
(内訳:大学生4,745人/大学院生1,016人)

※リクナビ:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイト
https://job.rikunabi.com/2022/

調査期間

2021年2月1日~2月4日

集計対象

大学生 1,289人/大学院生 385人

 

> 資料はこちら [PDF DL 519KB]

 

「就職プロセス調査」のバックナンバーはこちら