2020.08.24

【2021年卒 TOPIC】Web面接における学生の不安は3カ月で変化し、「通信環境」がTOPに。企業の対応は「学生の不安を取り除くもの」が好印象

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 学)のよりよい就職・採用のあり方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

リリース資料(PDF)にはグラフなども掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

企業は丁寧なコミュニケーションで、Web特有の学生の不安解消を

 

今年の就職活動では新型コロナウイルス感染症の影響で、オンライン化が進みました。中でもWeb面接は、企業、学生それぞれが手探りの中、多くの学生が不安を感じていました。そこで今回は「Web面接の不安」についてレポートします。

 
6月の調査で学生に「Web面接について最も不安に思うこと」を聴取したところ、1位は「通信環境」、2位が「自分の話が伝わるか」となりました。3月に調査をしたときと1位と2位が入れ替わりました。この違いは学生がWeb面接に慣れたことがあげられます。6月12日時点でWeb面接を経験したことのある学生は70.1%と3月時点を40ポイント近く上回っています。経験した学生が増えた結果、「やったことがない」から生まれる不安が少なくなり、「経験したからこそ」わかる不安が増えてきたと読み取れます。

 
Web面接において良かった企業の対応を聞いたところ、「通信環境」に対する不安を改善するような事前連絡と当日のトラブル対応、「自分の話が伝わるか」という不安を解消する企業からの面接フィードバックなどがあがりました。2021年卒以降の採用でも、学生の不安を軽減する丁寧なコミュニケーションが求められていきそうです。

 

 

【調査概要】

調査目的

大学生・大学院生における就職活動の実態を把握する

調査方法

インターネット調査

集計方法

大学生については、性別、専攻、所属大学の設置主体をもとに、
実際の母集団の構成比に近付けるよう、文部科学省「学校基本調査」の数値を参照し、
ウェイトバック集計を行っている

 

~6月調査~

調査対象

2021年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2021』(※)にて調査モニターを募集し、モニターに登録した学生4,198人(内訳:大学生3,325人/大学院生873人)

※リクナビ:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイト
https://job.rikunabi.com/2021/

調査期間

2020年6月12日~6月19日

集計対象

大学生 915人/大学院生 377人

 

~3月調査~

調査対象

2021年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2021』にて調査モニターを募集し、モニターに登録した学生1,706人(内訳:大学生1,317人/大学院生389人)

調査期間

2020年3月19日~3月26日

集計対象

大学生 327人/大学院生 143人