就職白書 2012

就職・採用活動の振り返りや、
よりよい就職のみらいに向けた研究・展望などを発信

就職活動振り返り調査 〜「就職白書2012」より〜

大学4年生・大学院2年生の就職活動の実態を把握する調査です。2012年卒予定者の、就職活動の結果や、東日本大震災の影響、相談相手、活動プロセス毎の実施状況と開始時期、企業選びの重視条件などのデータを掲載しています。

【調査概要】

調査項目

進路決定および就職活動の状況/入社予定企業への満足度/東日本大震災の影響/就職活動に関する相談相手/就職活動プロセス毎の実施状況と開始時期/企業を選ぶときにもっとも重視した条件/学生の自己評価/内定の取得および辞退の状況

調査時期

2012年1月4日〜2012年1月10日

調査対象者

クロス・マーケティング社のモニターにスクリーニング調査を行い、民間企業を対象に就職活動を行った全国の大学4年生・大学院2年生の男女2,464名を対象とした

【最新版の調査結果の要旨】

・民間企業を対象に就職活動を行った学生のうち、12月時点で「民間企業」および「民間企業以外」に就職が決定している学生は、
大学生が65.6%、大学院生が87.3%である。

・就職先決定者の入社予定企業への満足度は、「非常に満足」「どちらかというと満足」の合計が大学生は77.8%、大学院生は88.5%。

・自分自身の就職活動への東日本大震災の影響が「あった」「ややあった」と回答した学生は60.9%である。

印刷する