測定技術研究に関する 論文&研究発表

リクルートキャリアの測定技術研究所では、テスト事業創業以来、心理テストを代表とする心理測定技術(サイコメトリクス)の研鑽を重ねてきました。採用・配置配属・育成など、企業人事の様々な場面での活用を通じて、その有用性を研究しています。メンタルヘルス不調や人材の定着といった人と組織にまつわるテーマの研究成果を、学会発表などを通して発信しています。

関連記事

論文&研究発表

論文&研究発表の絞り込み

※フリーワードで探したい場合は、右上の「フリーワードから検索する」をご利用ください。
※論文・研究発表の資料(PDF)内の、発表者の所属組織名は発表当時のものとなっております。

分類 タイトル 発表年 発表者 出典 概要 DL
適応(フィット) 企業内での公式メンタリングと若手の自己適応感との関係についての探索的研究 2016 仁田光彦 人材育成学会
第14回大会
企業内の公式メンタリングについて、若手の適応感との関係性やメンター・メンティの性格タイプのマッチング可能性について検証を行いました。 PDF
若年層(適応) 就業レディネスを高めるための企業側のフォローに関する考察-内定保有者調査から- 2016 渡辺かおり
飯塚彩
人材育成学会
第14回大会
内定先企業側からの選考時のフォローが就業レディネス向上に影響するのかについて検証を行いました。 PDF
テスト技術 能力検査受検にスマートフォンを使用することの影響とその要因 2016 園田友樹
藤田彩子
日本テスト学会
第14回大会
能力検査の回答において、デバイスの違いによる問題への難易度への影響や、受検者にとっての回答のしやすさについて検証を行いました。 PDF
テスト技術 適応型テストの回答データを用いた新作項目の項目特性値推定 2016 杉山剛
仁田光彦
日本テスト学会
第14回大会
適応型テストにおける、効率的な項目特性の推定および出題コントロール方法について、検証を行いました。 PDF
その他 動画情報を採用選考で用いることの有効性に関する研究 2015 朝井祐貴
内藤淳
人材育成学会
第13回年次大会
日本において普及しつつある動画情報を用いた採用選考の有効性について、サービス業A社のデータを用いて検証しました。 PDF
メンタルヘルス 職場におけるソーシャルサポートが若手の離職意思に与える影響 2015 仁田光彦
豊田麻実
飯塚彩
経営行動科学学会
第18回年次大会
職場での上司・同僚のサポートが若手の離職意思に与える影響について、仕事の失敗や対人トラブル経験の有無によって比較しました。 PDF
テスト技術 適応型テストのためのLDA を用いた項目間類似度の利用可能性 2015 杉山剛
加藤嘉浩
石井隆稔
日本テスト学会
第13回大会
適応型テストにおいて、似た問題の出題を回避するため、数値化した問題文の類似度によるグルーピングの使用可能性を検証しました。 PDF
メンタルヘルス 一般企業人における,性格特徴ならびに首尾一貫感覚とメンタルヘルス不調との関連 2014 園田友樹
仁田光彦
渡辺かおり
内藤 淳
経営行動科学学会
第17回大会
一般企業人を対象として性格特徴と首尾一貫感覚を調査し、メンタルヘルス不調に対する関連や交互作用の有無について検証しました。 PDF
メンタルヘルス 組織風土と性格特性がメンタルヘルス良好度に与える影響 2014 仁田光彦
渡辺かおり
園田友樹
内藤 淳
経営行動科学学会
第17回大会
20代を対象として、性格特性と組織風土の組み合わせによるメンタルヘルス良好度に与える影響の違いを分散分析により確認しました。 PDF
妥当性 時代変化による高評価者の特徴変化について ‐性格検査の予測的妥当性の変化の分析‐ 2014 仁田光彦
舛田博之
山田 香
産業・組織心理学会
第30回大会
時代の変化によって企業人として評価される人材の特徴にどのような変化が起きているのか、性格検査のメタ分析によって確認しました。 PDF
適応(フィット) PEfitが離職意思に与える影響 -新卒者と転職経験者との比較- 2014 舛田博之
山田 香
産業・組織心理学会
第30回大会
新卒者と転職経験者の間で、個人と環境との適合が転職意思に与える影響の違いについて、勤務年数による違いもあわせて確認しました。 PDF
テスト技術 性格検査のフェイキング耐性に関する研究 2013 坂本亜沙美
宇佐美慧
内藤 淳
日本テスト学会
第11回大会
性格検査に対するフェイキング(受検者が意図的に回答を歪める行為)に対する耐性の高い一対比較形式の有効性を確認しました。 PDF
テスト技術 適応型テストを複数回受検した場合の形式への慣れの影響 2013 櫻井麻野
舛田博之
日本テスト学会
第11回大会
CBTを複数回受検した場合に起こりうる、問題の形式への慣れの影響を、項目ごとの回答時間と正答率に着目して確認しました。 PDF
テスト技術 項目露出率を最小化する複数等質テスト構成手法 2013 石井隆稔
舛田博之
仁田光彦
植野真臣
日本テスト学会
第11回大会
項目バンクから複数の等質テストを構成する際に、テスト間に重複を許した条件で最大項目露出率が最小となる手法を提案しました。 PDF
適応(フィット) 個人の性格特性と組織風土特徴との適合に関する考察 2012 園田友樹
渡辺かおり
山田 香
経営行動科学学会第15回大会 複数の企業で働く若手社員について、個人の性格特性と組織風土との適合度が、本人の組織適応感にどのように関係するかを確認しました。 PDF
適応(フィット) 将来性の予測要因としてのフィット性格的適合と主観的適合感の観点から 2012 渡辺かおり
園田友樹
山田 香
経営行動科学学会第15回大会 営業職を対象に、性格的適合と主観的適合感の2つのフィットの観点から、それらがパフォーマンスに与える影響について調べました。 PDF
テスト技術 採用場面における適性検査のフェイキング回答に関する研究 2012 阿部 優
坂本亜沙美
内藤 淳
日本テスト学会
第10回大会
性格検査に対するフェイキング(受検者が意図的に回答を歪める行為)に対する、新たな検出尺度を作成し、その有効性を確認しました。 PDF
若年層(適応) 若年層の離職意向に影響を与える要因の探索的研究 2012 坂本亜沙美
松本洋平
内藤 淳
人材育成学会第10回年次大会 入社1年目から7年目までの若手社員の離職意向と、性格などの個人特性や職場の関わりなどの組織特性との関連性を確認しました。 PDF
メンタルヘルス メンタルヘルス不調に影響を与える個人要因・組織要因に関する研究 2012 松本洋平
坂本亜沙美
内藤 淳
人材育成学会第10回年次大会 メンタルヘルス不調と、性格などの個人要因、職場の関わりなどの組織要因との関係性について、若手社員のデータを元に考察しました。 PDF
その他 知識や経験を取り込み応用するために必要な能力の測定 2012 藤田彩子
園田友樹
舛田 博之
経営行動科学学会第15回大会 「知識・経験の本質を理解し、汎用化して応用する際に必要な能力」を測定する構造的把握力検査を開発し、その妥当性を確認しました。 PDF
テスト技術 客観式能力テストへの段階反応モデル適用についての検討 2012 仁田光彦
舛田博之
日本テスト学会
第10回大会
項目反応理論の多値モデルである段階反応モデルを構造的把握力検査(STRAT)に適用することによって、その効果を確認しました。 PDF
若年層(適応) 現代日本における「若者の成熟」の機序に関する調査 2012 内藤 淳 人材育成学会
第24回研究会
若者の成熟において多様な課題が顕在化する時期である高校時代について、教員の目を通した高校生の成熟に関わる現状を調査しました。 PDF
若年層(能力) 近年における大学生の一般知的能力の経年変化 2011 舛田博之 日本労働研究雑誌第614号(2011年9月号) 1998年から2009年までの12年間の大学生の一般知的能力の経年変化を、基礎能力検査GATの結果を用いて確認しました。 PDF
若年層(能力) 企業における若年層の社会人基礎力の年次変化に関する考察 2010 渡辺かおり
内藤 淳
人材育成学会
第8回年次大会
年次(経験)による違いや、一般知的能力や職務への性格的適合が社会人基礎力にどのような影響を及ぼすのか、実証的に検証しました。 PDF
若年層(適応) 若手社員の不適応に関する研究 2010 新井一寿
山田 香
舛田博之
経営行動科学学会
第13回大会
直属の上司から見て適応できていない若手社員を抽出し、どのようなパーソナリティのタイプが存在するかを探索的に調べました。 PDF
テスト技術 適応型テストの回答速度と得点の関係 2009 新井一寿
舛田博之
櫻井麻野
日本テスト学会 第7回大会 CBTにおける回答スタイルが受検ごとに変化するか、CBT得点や、P&Pのテスト結果との関係に及ぼす影響について検証しました。 PDF
適応(フィット) P-Eフィットとパフォーマンスの関係性について -統合的なアプローチ- 2009 渡辺かおり
福山亜紀子
山田 香
内藤 淳
産業・組織心理学会 第25回大会 職務要件に照らした性格的な適合と、職務や職場風土に対する指向の適合が個人のパフォーマンスに与える影響について検証しました。 PDF
テスト技術 適応型テストの回答データを用いた項目特性値の推定 2009 藤田彩子
舛田博之
日本テスト学会
第7回大会
適応型CBTでは各項目の回答者の能力分布に偏りが生じてしまいますが、その影響を受けにくい項目特性値推定の方法を考案しました。 PDF
若年層(性格) 大学生の過去10年の性格傾向変化 2008 持主弓子
柚木さおり
藤田彩子
舛田博之
産業・組織心理学会 第24回大会 大学生の性格傾向の変化を約10年間のSPIデータを用いて確認したところ、敏感性、自責性に継続した上昇傾向がみられました。 PDF
若年層(能力) 近年における大学生の一般知的能力の経年変化 2007 藤田彩子
持主弓子
舛田博之
日本テスト学会
第5回大会
大学生の一般知的能力の変化を9年間のSPIデータを用いて確認したところ、その水準の顕著な低下は見られませんでした。 PDF
適応(フィット) 転職活動生起に関する促進要因・阻害要因の年齢層による影響の違い 2006 山田 香
飯塚 彩
内藤 淳
産業・組織心理学会 第22回大会 転職意思を持つ人が「転職活動に踏み出す理由」や「現在の会社に踏みとどまる理由」には、年齢層により違いがあることを確認しました。 PDF
妥当性 適性検査の予測的妥当性 ― 職種別および製造・非製造業別の分析 ― 2005 飯塚 彩
持主弓子
内藤 淳
二村英幸
産業・組織心理学会 第21回大会 様々な職種、産業において、採用時の適性検査結果が入社後の職務遂行能力評価をどれほど予測するものか、検証しました。 PDF
テスト技術 CBTにおける受検者の回答速度特性推定の試み 2005 藤田彩子
舛田博之
日本テスト学会
第3回大会
CBTで取得される回答時間を利用して、受検者の回答速度特性を推定するための効果的なモデルの検討と検証を行いました。 PDF
妥当性 一般企業人を対象とした性格検査の妥当性のメタ分析と一般化 2005 都澤真智子
二村英幸
今城志保
内藤 淳
経営行動科学学会 経営行動科学 第18巻第1号 性格検査の妥当性係数の水準と一般性をメタ分析により検討し、個別の妥当性研究の条件を統制することによる効果を確認しました。 PDF
妥当性 適性検査の予測的妥当性-適性検査と職務遂行能力評価の収集時期のひらきからの分析- 2004 持主弓子
今城志保
内藤 淳
二村英幸
産業・組織心理学会 第20回大会 採用時の適性検査結果が入社後の職務遂行能力を予測している程度と、職務遂行能力評価を実施した時期との関係を確認しました。 PDF
テスト技術 一般知的能力検査における紙筆版とCBT版の項目特性の比較 2004 前田純子
藤田彩子
舛田博之
日本テスト学会
第2回大会
能力検査の紙筆版とCBT版において、項目ごとの識別力や難易度(項目特性)にどのような違いがあるのかを比較分析しました。 PDF
若年層(能力) 過去8年間における大学生の一般知的能力の変化 2002 藤田彩子
舛田博之
産業・組織心理学会 第18回大会 1994年から2001年までの8年間の大学生の一般知的能力の経年変化を、基礎能力検査GATの項目を用いて確認しました。 PDF

フリーワードから検索する

就職みらい研究所とは

「就職みらい研究所」は株式会社リクルートキャリアの「調査」「研究」「情報発信」を目的とした組織です。

詳しくはこちら