2020.08.06

就職プロセス調査(2021年卒)「2020年8月1日時点 内定状況」

 

就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

リリース資料(PDF)にはグラフなども掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

【2020年8月1日時点の就職活動状況】

今の志望にこだわりすぎず、日々動きのある企業の採用動向をチェックしよう

8月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率※1 は81.2%(-10.0ポイント)※2 と20年卒と比べ低くなりました。現在の採用スケジュールとなった17年卒と比べると同水準です。内定未取得者の就職活動実施率は例年7~8月にかけて少し下がる傾向ですが、今年は8月1日時点で90.6%と高く、就職活動を継続している様子が伺えます。これは採用活動後ろ倒しの影響でしょう。

 
また、学生の各活動実施率を見ると、Web面接は前年より増加している一方で、対面での選考は引き続き減少しています。内定率を、文理別にみると理系は90.8%(-3.5ポイント)と前年同月同様に推移しています。文系は、76.9%(-12.9ポイント)と苦戦してる様子が伺えます。理系は採用選考が総じて早く進んでいたことに加え、産業構造の変化に伴う人材需要としても底堅い状況です。一方文系に関しては採用選考後ろ倒しの影響に加え、一部採用抑制の動きも影響していると想定されます。内定未取得者のコメントを見ると「コロナで就活がぐちゃぐちゃになった気がする」など不安の声が見られます。しかし、2021年卒の大卒求人倍率※3は1.53で、リーマン・ショックや東日本大震災の影響のあった2011~2014年卒時の約1.3倍と比べて下がっているわけではありません。

 
志望している業種、企業規模、地域にこだわりすぎず、広い視野で企業や仕事を探してみてください。採用活動を継続している企業は多くあり、今後も追加募集などで積極的に採用するケースも想定されます。日々動きのある企業の採用動向をチェックしてみましょう。

 
※1 内々定を含む ※2 ( )内数値は前年同月差 ※3 リクルートワークス研究所 大卒求人倍率調査

 

【調査概要】

調査目的

大学生・大学院生における就職活動の実態を把握する

調査方法

インターネット調査

集計方法

大学生については、性別、専攻、所属大学の設置主体をもとに、
実際の母集団の構成比に近づけるよう、文部科学省「学校基本調査」の数値を参照し、
ウェイトバック集計を行っている

調査対象

2021年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2021』(※)にて
調査モニターを募集し、モニターに登録した学生4,194人
(内訳:大学生3,324人/大学院生870人)

※リクナビ:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイト
https://job.rikunabi.com/2021/

調査期間

2020年8月1日~8月3日

集計対象

大学生 945人/大学院生 370人

 

> 資料はこちら [PDF DL 1,840KB]

 

「就職プロセス調査」のバックナンバーはこちら