就職活動状況レポート

就職内定取得者や就職活動実施者の
活動や志望状況レポート

《就職みらい研究所 REPORT》 2018年卒学生 就職活動状況 中間まとめ

 就職みらい研究所では、就職を意向する学生を対象に「就職プロセス調査」を実施しております。本資料では、2017年7月1日時点(2018年卒)までの調査結果の一部を抜粋し「中間まとめ」としてご報告いたします。

資料(PDF)にグラフやデータなどを掲載しています。ぜひ、ご覧ください。


《トピックス》

【就職内定率】

2018年卒大学生の就職内定率は、7月1日時点までのすべての月で2016年卒、
2017年卒よりも高かった。(P5)

【内定先企業への入社意向】

2018年卒のうち、内定を保有している大学生で、「入社したい/入社したい企業がある」
と回答した割合は、7月1日時点までのすべての月で2017年卒よりも高かった。(P12)

【就職確定先の従業員規模】

7月1日時点の就職確定先の民間企業の従業員規模は、2016年卒以降、5000人以上の
大手企業の割合が年々高くなっている。(P13)

【就職活動プロセスの実施状況】

2018年卒と2017年卒を比較すると、「適性検査」、「エントリーシート」、
「面接などの選考」のように、実施率が4月以降にピークを迎えるものについては、
2018年卒で前倒しの傾向が見られた。(P15)

《コンテンツ》

 第Ⅰ章:就職活動、内定、進路確定に関する状況

  【1】3月1日時点での志望進路
  【2】就職内定率、就職活動実施率
  【3】内定未取得者・取得者の就職活動実施率
  【4】内定取得社数
  【5】内定辞退率
  【6】内定先企業への入社意向
  【7】7月1日時点の就職確定先業種、従業員規模
  【8】進路確定率、7月1日時点での進路確定状況

 第Ⅱ章:就職活動プロセス、志望状況に関する状況

  【1】 就職活動プロセス毎の実施状況
  【2】 「学業」「就職活動」「プライベート」の時間割合
  【3】 就職志望状況<業種>
  【4】 就職志望状況<従業員規模>
  【参考】現在の就職予定先企業への就職意向

印刷する